第2期空き家対策ナビゲーター養成講座を開催します

国土交通省の空き家担い手強化・連携モデル事業として
川西市と連携して取り組む講座です。
一昨年に続いて、第2期生を募集します。

現在全国平均で7戸に1戸は空き家と言われています。
住宅都市川西市は大都市大阪のベッドタウンとして
たくさんのニュータウンを抱えています。
いまでこそ空き家率は全国平均よりも低く抑えられていますが、
ニュータウンの住宅は「空き家予備軍」と呼ばれる
高齢者のみが住んでいる家となりました。
このような状況を踏まえ、川西市では空き家対策は喫緊の課題と言えます。

また空き家問題はまちづくりの上からも見逃せない問題です。
なぜなら空き家が増えると景観が荒れ、空き巣などの犯罪が増え、
資産価値が下がってしまうからです。
大切な資産である家が「負動産」になってしまうのです。

そうならないためには、空き家を増やさないことが肝要です。
しかしながら、空き家問題は官だけでも民だけでも解決できません。
「空き家を増やさない」という取り組みには
家を持つひとりひとりが意識し、対策を練るしかないのが実態です。
そのためには空き家を正しく理解し、
空き家についての知識を身につけましょう。
そして、その知識をもって空き家を増やさないために
行動を起こしていきましょう。

空き家対策ナビゲーター養成講座は空き家についての知識を学び
それを糧として地域で空き家対策をリードする人材を育てる講座です。

受講資格は
①川西市在住
②川西市に職場がある
③川西市内に空き家を所有している
④川西市内に実家がある
のいずれかの方で
受講後に川西市周辺地域において行われる
空き家対策のための活動に参加できる方。
の両方の要件を満たす方です。

受講方法は
YouTubeでのオンライン授業。
受講の期限はありますが、時間に縛られずご自身のペースで
受講していただけます。

受講料は
無料です。

受講の申し込みは
こちらから

空き家対策ナビゲーター養成講座-2020.10

川西市:空き家対策ナビゲーター養成講座(事業開始)

川西市:空き家対策ナビゲーター養成講座スタート

2018年、当NPOと川西市は国土交通省の空き家対策の担い手強化事業・連携モデルとして「空き家対策ナビゲーター」養成講座を開催します。
地域の力と専門家をつなぎ、空き家問題を解決していく新しい試みです。
現在口座の申し込み・募集は終了しており、新規の応募はできませんが、各自治体の皆様には予約の上見学していただくことが出来ます。
講義・フィールドワーク・議論を重ね、町の相談役として活躍が期待されています。

国土交通省:平成30年度空き家対策の担い手強化・連携モデル事業採択

国土交通省:平成30年度空き家対策の担い手強化・連携モデル事業に採択

2018年7月31日、国土交通省の空き家対策の担い手強化・連携モデル事業に当NPOの事業が採択され、川西市との共同 で空き家対策事業を行うこととなりました。

行政等と当センターが協力し、地域の空き家対策の担い手 (空き家対策支援員)を育成してゆく仕組みを作り上げ、段階的に全国に展開してゆくためのモデル事業です。
全国でも先進的な取り組みを続ける当NPOの事業が国土交通省に採択されました。
これは2016年に続き二回目で、あらたな空き家対策の担い手を作り全国に組織して行く礎となる事業です。

国土交通省:先駆的空き家対策事業採択

国土交通省 先駆的空き家対策事業

2016年6月2日、国土交通省の先駆的空き家対策事業に当NPOの事業が採択され、宝塚市との共同で空き家対策 事業を行いました。

行政等と当センターが協力し、事業内容を検討。決 定した事業をプロジェクトベースで運営し、現実の空き家に適用します。その後、フィードバックを得て事業成果を 公開。改善しながら随時、全国に展開していきます。

◆事業成果一覧(以下より ダウンロードできます)

活動報告:2016年度

2016年度 兵庫空き家相談センター活動報告

      • 12 月9日:宝塚市で無料相談会とセミナー開催
      • 9月4日:三田市で無料相談会とセミナー開催
      • 8月26日:川西市で無料相談会とセミナー開催
      • 6月17日:宝塚市で無料相談会とセミナー開催
      • 3月25日:西宮市で無料相談会とセミナー開催
      • 6月2日:国土交通省「先駆的空き家対策事業」採択
      • 1月20日:宝塚市で無料相談会とセミナー開催