宝塚市「空地対策モデル事業」連携協定

宝塚市「空地対策モデル事業」連携協定

2018年、当NPOと宝塚市は、「空地対策モデル事業」空き家等の所有者に対する啓発に取り組むため連携協定を締結しました。
市内の空地及び空き家等の法律、登記、建築に関する相談があった場合に、当センターを紹介、専門的な相談に対応することが可能となります。
当NPO代表は「市役所もNPO法人も、単体ではできないことがある。連携することで、まちづくりに貢献したい」と考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です