第1回「川西市空き家の予防対策セミナー」を行いました

【第1回川西市空き家の予防対策セミナー】が行われました。
今回は川西市とNPO法人兵庫空き家相談センターが主催。
なお本日は、空き家対策ナビゲーターのお披露目という特別な日でもあります。
参加者は152名、相談会は7組となり、多くの方々、自治体、議員、銀行、新聞社、電鉄会社までご参加頂きました。
またJ:COM様に取材に来て頂きました。
皆さま、ありがとうございました。
さて、セミナーの内容は以下の通りです。

アステホール
第1部
司会 家ノ上さくら(兵庫空き家相談センター、以下HASC)
開催挨拶 越田謙治郎川西市長
① 主催挨拶 橋詰理事長挨拶(HASC)
② 「空き家を放置するとどうなる 空き家の法律問題」池山美伸(HASC)
③ 「家族と話し合う 空き家の適正管理」善見育弘(HASC)
第2部
司会 正門元気
④ 空き家対策ナビゲーターの紹介 関敦生(HASC)
⑤活動発表会 有田喜久枝さん、島村均さん(空き家対策ナビゲーター)

アステ市民プラザルーム2
個別相談会(HASC、空家対策ナビゲーター)

明石市空き家対策セミナー開催

明石市にて【空き家対策セミナー】を開催しました。
今回は、組織替えに伴い新しく誕生した「兵庫西支部」主催のセミナーです。
第一部セミナーには113名、第二部無料相談会には23組の参加がありました。

伊丹市空き家対策セミナー開催しました

9月8日(日)伊丹市立図書館地下1階ことば蔵にて【伊丹市民フォーラム】が開催されました。
当法人からは善見育弘メンバーが【あなたの自宅も空き家予備軍!?~事例で学ぶ空き家対策】と題し、登壇させて頂きました。
参加者は13名、無料相談会には2組の参加でした。

空き家対策事例:再建築不可物件の売却

空き家対策事例:再建築不可物件の売却

      • 空き家年数:5年
      • 築年数:42年
      • 要望:売却希望

市街化調整区域内に立つ住居で、登記上宅地ではないため再建築は不可能とされ、売却困難であった不動産です。
建物には大きな損傷は見受けられませんでしたが、雨漏りがあり、地盤の沈下とみられる傾きがありました。
また物件の所在地も交通の便の悪い農村部であった為、売却に苦労されていました。

居住には難がある物件でしたが、狩猟を営んでおられる方が農村部に狩猟、解体施設が必要であった為に売却が成立。建物は狩猟 小屋兼、臨時宿泊所、事業用の倉庫としてご利用されています。
尚、農村部の空き家物件は改修に補助金が出る可能性があり、現在補助金を申請中です。

空き家対策事例:部屋数の多い古家

空き家対策事例:部屋数の多い古家

老人介護施設の経 営者からのご依頼。
終末期を迎えたご高齢者を専門に介護し、看取るための「看取りの家」を新たに経営希望。
希望条件は、交通アクセスは不便でもよいので、部屋数の多い住宅をご希望。
当方の案件であった、空き家をご紹介することが出来ました。